Apple AirPods Proで作業が快適になった話

DTM

どうも、あべしです。普段はフリーランスとして作編曲や講師等の活動をしてます。
つい先日なんですが、いつも使ってたイヤホンが壊れたので新しくApple Airpods Proを買いました。

新しくスピーカーを買うか悩んでいた中でコレに行き着いた理由はいくつかあって、それも含めてメリットデメリットを書いてみようと思います。

先に結論を言うと買って大変良かったですw

 

こんな人にオススメ

・身の回りの雑音から解放されたい人
・ワイヤレスでそこそこの音質
・日用使いもできるイヤホン
・自分の時間に没頭したい人

 

 

 

「AirPods」 と「AirPods Pro」の違い

細かい違いについては他サイトをご参考いただくとして、ここではDTMや作業目線での違いを書いていきます。

個人的に決定的な違いは2つ

Apple AirPods

Apple AirPods Pro

ノイズキャンセリング機能

×

うどん感(デザイン)

×

 

正直ノイズキャンセリング機能目当てで買いました。

あとは耐水性や音質の向上などもあるのですが、Airpodsを持ってない=比較できないのでこのぐらいしか言えないですw

 

と言うわけで、ここからは実際に使ってみて感じたメリット、デメリットを具体的に書いていきます。

 

ここがすごいAirPods Pro

ノイズキャンセリングが強力

僕が購入する最大の理由がコレになった訳ですが

ノイズキャンセリングは、簡単に言うと外からの雑音を遮断してくれる仕様の事で、こういう音は大体消えます。

・車、電車の走行音
・隣人や外から聞こえる人の声
・PCのファンの音

 

強力過ぎて自宅のチャイムの音や人に声かけされてもほぼ気づけないので、通販の配達時間中や同居人家族の方とは気をつける必要がありそうですw

 

また、ノイズキャンセリング機能自体もON/OFFできるので必要に応じて切るのも有りですね。

これのおかげでかなり作業に没頭できるようになりました。

 

 

歌物が気持ちよく聞ける音質

当たり前ですけどAirpods proは一般での使用が前提で、業務用ヘッドホンみたいに全体の周波数がクリアに聞こえるといった音質ではないです。

ただ、歌物を聴く分には気持ちよく聴ける音質にはなっているので、一般的なモニター解釈の1つとして使うのには良いと感じました。

普段使ってる業務用モニター環境が鮮明過ぎるが故に目立たない部分を強調し過ぎてしまう…という経験がある方に特にオススメします。

 

まとめると、業務レベルの細かい作業には向いてないですがサブモニターとしての役割は十分果たしてくれそうです。

 

 

「耳からうどん」感が緩和された

耳から何か出てるみたいでなんか嫌だ

と言ってた方に朗報です。短くなりました(笑)

よりコンパクトに、スマートになったおかげでパッと見のうどん感はかなり払拭されたと思います。

 

 

ここが惜しいAirPods Pro

遅延(ラグ)

Bluetooth系には付いて回る課題ですが、環境によってはPCから音が遅れて発声するようです。

僕の場合繋ぎ方によっては0.2秒くらい遅れて鳴ってる感じがしました。

微妙なタイミングの調整や打ち込み作業にはその点不向きなので、その辺りは業務用のヘッドホンとかあるとカバーできます。

逆にこの点を活かして以下のチェックに使えたりするかも?

・打ち込みのデータ通りに鳴っているかどうか
・グリッドに沿った音の捉え方から離れた観点で見る

連続仕様時間の制限

ワイヤレス=充電式の為ある程度は仕方ないのですが、長時間作業するには多少限度があります。

今回買ったAirPods Proの最大駆動時間は4.5時間だそうです。

ただケース本体が補助バッテリーの役割も果たしており、ケース自体が充電されていればイヤホンを5分ほど収納するだけで1時間分ぐらい高速充電します。めっちゃ早い。

なので小休憩で少しの間外す度にケースに収納すれば実質丸一日は使えます(笑)

 

 

おわりに

メインとして使うには少し物足りないですが、サブで使う分には最高な相棒になり得る印象です。

まだ使い始めて数日ですが、今の所上記理由以外に不便に感じる事が無いですね。

とにかくノイズキャンセリング機能がすごいので、興味のある方は是非家電量販店等で一度付けてみてください。

マジで現実世界から切り離されるような感じしますw

コメント