【要注意】最悪失明や難聴化…?帯状疱疹の危険性と対策

ブログ

どうも、あべしです。普段はフリーランスとして作編曲や講師等の活動をしてます。

実は今「帯状疱疹」という病を患ってます。

 

なかなか普段聴く事のない病名だと思いますが、これから身近な病の1つになるのかもというわけで、今回ブログで対策等をまとめておこうと思った次第です。

 

特にテレワークが増えた今、在宅ワークの方が危険視するべき理由があるからです。

・視力低下や失明、難聴に繋がる恐れがある
・長時間座る事が厳しくなる
・初期症状が気付きにくい
・ストレス、運動不足が引き金になる

最悪の場合、将来仕事できなくなる病気です。

 

まず「帯状疱疹」がどういった病気なのかを説明しつつ、その危険性と対策方法を経験談を交えて書いていきます。

※症状と対策には個人差があり、必ずしも防げると言う内容ではないです。予めご了承下さい。

「帯状疱疹」とは?

参考リンク:https://taijouhoushin.jp/reason/

発症原因:過度なストレスや免疫低下、加齢などがきっかけで発症するもの。
主な症状:皮膚の荒れ、痒み、痛み

皮膚の病気に思えますが実は神経から来る病気です。結構危険です。

本来は50歳以上の高齢で発症するケースが多いんですが、まさか30歳になりたての自分が患うとは思いませんでした。

 

治療方法は?

メインは【抗ウイルス剤】と【塗り薬】。

後は痛みが生じる場合の鎮痛薬が出ることもあります。
これは人によると思うので、詳細は皮膚科の先生に聞いてください。

 

ちなみに今回のお薬でお財布から7kほど出費しました。保険効いててこれはびっくりでした

 

発症しやすい人の特徴

・自粛で運動不足気味になった

・不健康な生活や食生活をしてる

・将来や金銭面に強い不安を感じてる

 

この項目に当てはまる人、マジで気をつけてください。患うと将来の仕事にまで関わってくる可能性が出てきます。

 

危険視すべき理由

・初期症状が気付きにくい

最初の症状はこんな感じ

「なんか痒い」「なんかチクチクする」

ラフな表現ですがそれぐらい初期症状が日常的な感覚なんです。

その痒みが数日経つと、今度はその部分の皮膚が荒れてきたり痛みが増したりします。

僕はこの段階で皮膚科へ行って受診しましたが、放っておくと在宅ワークに重大な被害が出ると聞いて肝が冷えました。

 

・長時間座る事が厳しくなる

恥ずかしながら上記僕は下半身に症状が現れてしまい、尻が時限爆弾になりました

えぇ、お尻ヤバいです。

オブラートに表現するとお臀部ですね。

 

イメージとしては痛~いおできが複数ある感じです。長時間座るの、厳しいです。

ちなみに症状がどの部分に出るかは決まってないそうです。なんで尻なん

でも尻でまだ良かったのかもしれない…↓

 

・視力低下や難聴に繋がる恐れがある

これが一番ヤバい理由です。

デスクワークなら尚更ですが、一般的にも感覚器官に以上が出るのは生活にも支障が出るという事はわかると思います。

なぜ皮膚の病状が感覚器官に影響が出るのか?

→帯状疱疹の原因は免疫低下によって神経がウイルスで攻撃されて起こるからなんです。

 

改めて症状の流れを整理するとこうなります。

神経がウイルスに攻撃される

その近くの皮膚に痛みや痒みが生じる

神経を伝って症状の範囲が拡大していく

なので早めに診察に行かないと、ウイルスが感覚器官にまで来てたら重症化したり後遺症が残ったりするんです。ほんと怖い。

 

・ストレス、運動不足が引き金に

今回の自粛で要注意するべき点だと思います。

コロナの影響で外出自粛の中、適度な運動を保つのは難しいと思います。ですが、それに甘えて運動しないでいると免疫が低下していろんな病気のきっかけになったりします。

また、先の不安は誰しもが感じている状況だと思います。ただ過度な不安は精神が病んできます。そしてストレスは免疫低下にも繋がります。

 

 

患いたくない人の為の対策方法

・健康的な生活

まずこれですね。

偏った食生活をせず、夜更かしや不規則な睡眠を避ける。

人間として正常な暮らしを意識しましょう。

 

・適度な運動

これは難しいですがエクササイズや筋トレなど、室内で気軽にできる運動を意識的に取り入れたほうが良さそうです。

そういう意味ではエアロバイクが最強かもしれません。

・座ってできる
・動画見ながらできる
・データ表示で明確な運動量がわかる

強い

 

・先の不安を考え過ぎない

給付金や助成金の制度徐々に整えられてきてますが、不安は拭えないもんです。

ここで大事なのは「むしろこの不安は拭えないものであって、考えすぎても何も改善できない」と割り切る事。

 

考えてもお金はでません。でも金銭が尽きると死ぬという訳ではないんです。

不安なことを考え続けるぐらいならまずは地元の役所等に相談しましょう。

 

・今日できる事に集中する

人がネガティブな感情を抱いてしまう理由は

・不明確な話を聞く、目にする
・暇な時間の過ごし方を忘れている
・不安なまま大元の情報を調べない

などがあると思います。

 

ぶっちゃけ「深く悩むことで何もしていない状況を避けた気になっている」と言えるかもしれません。

貴重な自分の時間をドブに捨てるような物なので、ここは割り切って好きなものや動画などを見る時間に変えましょう。

それだけでストレス緩和、予防になります。

 

・自分の体を労わる

自分の疲れはわからないもんです。

僕の場合、今回の自粛で「何かしなければ」と張り切ったり「自粛後の取り組み」を急いで考えたり過ぎたのかもしれません。

後は運動不足と歳ですね、はい

 

また、この状況下でも出社勤務されてる方もいらっしゃると思いますが十分な休みを取らないと体がやっぱり持ちません。

休めるときはしっかり休みましょう。倒れたらそれすらできません。

 

最後に

耳が正常でないと仕事にならない職種なので今回は早めに診察を受ける事できてよかったです

今は薬のおかげもあって症状は回復して行ってます。少し遅かったらお尻からバイオハザードしてたかもしれませんでした。

でも僕の尻が犠牲になった事で今回の経験談を書く事が出来ました。そしてこれからの在宅ワークをする方を一人でも救う形になれば幸いです。身近にそんな人がいるかもしれないという方、ぜひ拡散して教えてあげて下さい。その人の尻を守ってあげて下さい

 

同業者やテレワーク、在宅ワークの皆さま

くれぐれもご注意くださいませ。

コメント